ブログを作るときにはまずカテゴリを書き出そう

これまで複数のブログを運営してきて、「アレをやっておいて良かった」「最初にアレをやっておけば良かった」という反省点が多いです。

このブログのスタートにあたってはそんな反省点を活かして始めています。そのうちの一つが「カテゴリの書き出し」です。

ブログを開設しようと思ったら、まずカテゴリを書き出す

ブログにおいてカテゴリとは、記事のジャンルを表したもの・分類、の場合が多いです。

Amazonや楽天、ヤフーなどでの「カテゴリ」を考えてみるとわかりやすいかもしれません。

Amazonだったら「書籍」とか、「家電・カメラ」とか、色々なカテゴリがありますね。

ブログを開設する際には、この「カテゴリ」を最初に考えるのが良いです。

このブログも、マインドマップでカテゴリを書き出してからスタートしました。

まず最初にカテゴリを書き出すことで、2つのメリットがあります。

ネタ切れを防げる

カテゴリを書き出しておくと、自分が今後ブログに書いていこうとしている内容が可視化されます。「何について書こうかな」と考えるときに、書き出したカテゴリの中から選べば良いので、ゼロから考えなくて済みます。

また、実際にはカテゴリを書き出した時点で「あ、このカテゴリではこんな記事を書こう」というアイディアがモリモリ出てきます。上の例のようにマインドマップなどを使って書いていけば、カテゴリを書き出すと同時に思いついた記事だけで1ヶ月ぶんくらいはネタが出てきます。

最初にカテゴリを構造化しておくと後で変更が少なくて済む

ブログを半年1年と書き続けて記事がたまってくると「このサブカテゴリ、記事がいっぱいあるからメインのカテゴリにしたいなぁ」とか、「このカテゴリとこのカテゴリは一つにまとめちゃったほうがスッキリするなぁ」とか、メンテナンスしたい点が出てきます。

メンテナンス自体は絶対必要で、悪いことではないのですが、大事なのはメンテナンス時の手間。

最初にカテゴリをある程度構造化しておくと、後でメンテナンスする時の手間をぐっと減らすことができます。

まとめ

未来の自分がまた別ブログとか立ち上げるとしたら「カテゴリ考えてから始めろよ」とアドバイスをしたいので書きました。

カテゴリを書き出すことによって、「自分が何を書きたいのか」が可視化されますし、また頻繁に見返すことによって現状のブログで手薄な部分もわかったりします。

ブログを既に続けている人がやってももちろん意味があると思いますが、最初が1番効果的です。ブログをこれから始めるor始めたての人は是非。