アルミのノートPCスタンドを買ったらデスクの上がスッキリして姿勢改善できています

自宅でMacBookProやモニターを置いているデスクの上が(Before画像をお見せできないくらいに)ごちゃっとしていて困っていました。Macとキーボードを置いただけでも結構狭くなってしまい、ノートや本を広げることもできず。

また、ノートPCの画面が低いために視線が下がり、目や首などに負担がかかって辛くなり・・・

そんな問題を解決するために、アルミ製のノートPCスタンドを購入しました。

SpinidoのノートPCスタンド

購入したのがこちら。

AmazonでノートPCスタンドを探すと値段もピンキリでいろんな種類があったので、評価がそこそこ良かったことと、あとは見た目で選びました。

開封・外観

まず外箱から。直方体の箱ではなく、変わった形の箱になっています。

側面はこんな形。説明文が斜めですね。ふつうにノートPCに向かうと目や首型腕手首に負担がかかるところ、スタンドで高さを上げてやると改善されます、といったことが書かれています。

こちらが本体です。スタンドなので特に組み立て等はなく、このままの形で入っていました。ノートPCが簡単に動いてしまわないようにか、結構ずっしりきます。

本体の底には滑り止めが4つ。

ノートPCを支えるツメの部分には、PC側に傷がつかないようゴムが付いています。

背面には電源ケーブルなどを通すための穴。

高さは文庫本と同じくらいです。

ノートPCを実際に乗せてみた様子

実際にMacBookPro(13インチ)を載せてみました。ついでに普段使っているHHKBを前に置いています。

ノートPCのキーボードを使うとどうしても腕を前に出すことになり、つられて頭も前にいき、首に負担がかかってしまいます。このスタンドと、外付けのキーボードを使うことによって、腕を引き視線をあげることができ、以前よりも負担の少ない姿勢でPCに向かうことができます。

横から見た状態。この下の空いている部分にキーボードをしまえば、デスクの上でノートを広げることも可能。高さの調整は出来ませんが、数ヶ月間使ってみて特に不都合を感じていません。

まとめ:スペースの有効利用と身体のために、投資としては安い

このスタンド、本記事執筆時点で約4000円となっています。高いなと思う方は、もう少し休めのスタンドもAmazonなどに売っているので探してみると良いと思います。

ノートPCをスタンドに乗せて視線をあげると、長時間PCで作業したときの疲れがだいぶ軽減されます。

家においたり、職場に持っていくのもいいですね。ぜひ試してみてください。