沖縄で古本屋を営む女性のゆったりとした日々 『本屋になりたい この島の本を売る』

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

本屋になりたい: この島の本を売る (ちくまプリマー新書)

沖縄県の那覇で小さな古本屋を営む女性(著者)のお話です。 いろんなメディアに取り上げられているらしいんですが、今回この本で初めて知りました。

もともとは都会の大きい書店で働いていたそうなのですが、そこから那覇支店を経由して、今ではひとり古本屋をしています。

『本屋になりたい』というタイトルから、最初は「本屋開業方法とか書いてあるのかな」と思って読みました。 その辺も触れられてはいるのですが、どちらかといえば「沖縄で古本屋をやっている私の日々を紹介します本」という内容。

積ん読に対する考え方が面白い

文章から察するに、癒し系な物腰やわらかな人なんだろうなーと想像しました。 そしてもちろん本好き。 積ん読に対して古本屋さんならではというか、いい考え方を持っていたのでご紹介。

読んでいない本を部屋に積み上げておく、いわゆる「積ん読」もまた、ひとつの接しかただと思います。毎日、歯を磨きながら、掃除機をかけながら、本の山を目にしていたら、タイトルや著者の名前、本の雰囲気は体にしみこんでくるでしょう。たとえそのまま読まずに処分してしまったとしても、一緒に過ごした時間は無駄ではなかったのです。  だから、「どうせ読まないかも」とは思わずに、どんどん買って積んでおいてもいいのです。手放すときは、古本屋に売ってくださいね。

「わかる派」の人がけっこう居るんじゃないでしょうか。自分もです。 斎藤孝氏なんかよく言ってますが、本は購入したり本棚においておくだけで意味があります。 それを「積ん読」で済まさずに「一緒に過ごす」と言っているあたりが良いですね。今度からこの表現使います。

ゆったり読むのが良いでしょう

古本屋どうしの組合のようなものがあって、そこで本が売買されていること。 沖縄県は地理的要因から、「県産本」のようなローカルな本が多いこと。 著者がちょっと店を空けている隙に着たお客さんから、隣の店(魚屋さんとか)が代金を徴収してくれること。

などなど、読み物、エッセイとして面白い。書店開業の気が無い人が読んでも面白かったです。

読み方を変えれば、仕事・ビジネスに役立つ考え方が散りばめられているかもしれませんが、パラパラとめくるページから沖縄の風(暑くない)を感じながら、ゆっくりした気持ちで読むのが良さそうです。