私塾のすすめ ーここから創造が生まれる

私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書)

私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書)

齋藤孝氏と梅田望夫氏の対談本。 齋藤孝氏は『声に出して読みたい日本語』で、梅田望夫氏は『ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)』で有名な方です。

あらすじ

強い「あこがれ」を持って何かを学んでいる人のもとに、その「あこがれパワー」に惹かれた人たちが集まってくると「私塾」ができる。

今はネットが発達しているので、直接会わなくともすごい人に私淑(≒師事して学ぶ)することが可能。 自分が情熱を注げるものがあったら、師匠を見つけて、同じ興味を持つ仲間と一緒になって学んでみよう。

感想

「ゆる短」と称して書評を書くにはちょっとゆるくない本ですが、座右の書なので真っ先に紹介しました。

身の回りの「すごい人」を思い浮かべてみると、確かにその人の「あこがれパワー」ってすごいと思いませんか?どうしてそんなに頑張れるんだろうと思うほど何かにドハマりしていたり。 そういった人たちのあこがれパワーにあこがれることで、自分も引っ張られてぐ~んと伸びていく。

そんな経験したいよなーと思う1冊。好きをとことん突き詰められる人はカッコイイ。

お気に入りの一文

結局、深海魚と出会えるくらいに深くもぐらなくては、物事は身につかない ー P185