3冊ノート術『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』

仕事中のノートがどうもぐちゃっとしていて、もっとうまい使い方はないかなーと思って、こんな本を読んでみました。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

  • 作者: 美崎栄一郎
  • 出版社/メーカー: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
  • 発売日: 2009/09/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 33人 クリック: 860回
  • この商品を含むブログ (118件) を見る

主に営業マンとか「ザ・ビジネスマン」に向けて書いてあるので、IT系技術職の自分のしごととはちょっとなじまないかな?というところもありましたが、参考になるポイントはたくさんありました。 読書や勉強に関するノートテクニックは万人に使えそうです。

著者の提唱するのは「3冊ノート術」

著者の美崎氏は、仕事用のノートとして

  1. メモノート:常に携帯して思いつきを拾う
  2. 母艦ノート:ネタをふくらませる、ネタからプロジェクト化する
  3. スケジュールノート:締め切りや進行管理

の3冊(+付箋)を使う、というスタイルだそうです。

メモノートの使い方が特に参考に。

自分が仕事中に使っているノートがぐちゃっとしてしまっていたのは、この「メモノート」が欠けていたからかもしれない、と読みながら思いました。

著者は「デミクーパー」という小さいメモ帳を、タスク管理とアイディア出しに使っているそうです。

デミクーパー コクヨS&TのメモノートDEMICOUPER | 美崎栄一郎公式サイト

今までちょっとしたタスクが発生したときにも、B5のノートにメモしてチェックを入れたりしていました。しかしこのやり方だと、ノートにもう終わった(そして些細な)用事がずっと残ってしまいます。あとで見たときに雑然としていて見づらい状態です。

今私がやっている普通のノート+スケジュール帳の2冊スタイルに加えて、小さいメモ帳を使いはじめようと思います。

また、メモノートは常に携帯しておき、アイディアが出てきたらすぐに書きます。 それをあとで母艦ノートに貼ることで、ネタが貯まって最終的にはプロジェクトとしての形になっていきます。

母艦はEvernoteで置き換え可能かもしれない

アナログも好きだけどデジタルツールでの情報管理に慣れている人にとっては、メモノートをアナログにして、Evernoteを母艦ノートとして使うのも十分アリなんじゃないかと思います。 その場合は本書だけでは完結しないので、他に

EVERNOTE「超」仕事術

EVERNOTE「超」仕事術

あたりが良さそうですね。

スケジュールノートの使い方がもうちょっと欲しかった

メモノートと母艦ノートの使い方は盛りだくさんで、具体的にオススメの文房具名などを挙げながら解説されているのですが、スケジュールノートの使い方が個人的にはもうちょっとかなーと思いました。 本書で言うスケジュールノートの使い方を掘り下げたければ、「手帳術」のほうに目を向けてみるといいでしょう。 過去にこんな記事も書いていますので、よろしければ。 また、本書の著者である美崎氏も手帳本を出してます。こちらは積読中。

ゼロから始める手帳活用術

ゼロから始める手帳活用術

まとめ:結果を出すためにはノートを自分流に工夫して使おう

この記事だとノート術の概要(3冊使う)しか紹介していませんが、もっと細かい考え方やテクニックが満載です。そして、ノートを取るというスキルは自分で身に付けていくべきだと著者は言います。

社会人で、仕事のプロとして働くのであれば、ノートを取ることは基本的なスキルですが、会社では教わりません。自分で学ぶべきで、自分で工夫するべきなのです。

本書を参考にして、日々「結果を出せる」ような工夫を積み重ねていきます。