1年後に2倍のスピードで仕事をする方法 『ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣』

IT技術者としてまだまだ勉強が足りないと実感する毎日。 ちょっとでも良い方に変わりたいと思い、『ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣』を読みました。

ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣

ドラッカーさんに教わったIT技術者が変わる50の習慣

IT技術者にターゲットを絞ったこの本は自分にはぴったりで、日々困っていることがまるで見られているかのように書いてありました。

その中で特に「これはやってみよう!」と思ったポイントがありました。 1年後に2倍のスピードで仕事をする方法です。

1年後に2倍のスピードで仕事をする

週刊誌に書いてある怪しいダイエット方法のような話ですが、計算を聞くとなるほどと思います。

毎日0.3%の業務改善を行う

毎日0.3%仕事の効率を改善していくと、1年後には元の2倍の量の仕事をこなしている計算になるのです。 1年間の労働日を240日とすると、1.003の240乗 = 2.05 いかがでしょうか?

0.3%の改善=1日に1分半の短縮

0.3%というのは、どの程度の時間でしょうか?1時間の0.3%は、約11秒です。一日8時間の労働時間とすると、約1分半ということになります。1日に、たった1分半の時間を短縮する工夫を1つ考えれば良いのです。

時間を短縮する方法はいろいろあります。 例えばタイピングのスピードを速くしたり、ルーティンワークがあればプログラムを書いて自動化してしまっても良いでしょう。

工夫に時間をかけることで、結果として大きく成果をあげよう、という発想『レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)』という本にも書いてあるので、興味が湧いたらこちらも読んでみるといいですよ。

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則 (幻冬舎新書)

まとめ:小さな工夫の積み重ねで大きな成果を

ITエンジニアは、お客さんの業務改善につながるような仕事をすることが多いと思います。 その知識と技術を、自分の業務改善にもちょっと活かしてみるというのが大事。(そして意外と忘れられがち) 「少しの改善ができるポイントはないか?」と普段からアンテナを張っておいて、一つずつ改善していく。そして1年後には2倍のスピードで仕事ができるようになっていれば最高ですね。 私も心がけておきます。