自分の強みを知るための『さあ、才能に目覚めよう』

自身に「読書の才能がある」と思える人は、どのくらいいるでしょうか。

自分で言うのもなんですが、私は「自分には、読書の才能がある」と信じています。

キッカケは有名なビジネス書、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす』でした。

最初は「有名なビジネス本だから読んでみるかー」くらいの気持ちで読んだのですが、運が良かったのかもしれません。

この本を読んでから、「自分の才能とは何か」を意識するようになり、そしてその後押しで「読書の才能がある!」と自覚・・・というよりも、自分に言い聞かせることができるようになりました。

「強み革命」を起こす本

人間はどうしても欠点に目が行きがちです。頑固だとか、神経質だとか。

そういった、欠点として見られがちな部分も1人ひとりの違いだと認識して、強みとして活かしていこうぜ、という本です。

人に対する正しい認識

たとえば企業において、社員に仕事を割り当てるとき。間違った認識に基いていることが大半です。

間違った認識とは

  • 人はだれでもほとんどすべてのことにおいて、能力を発揮することができる
  • だれにとっても最も成長の余地があるのは、その人の一番弱い分野である

こういった考えに基づいていると、口下手でコミュニケーションがうまく取れない社員をあえて営業職にして鍛えよう、なんて発想が出てくるかもしれません。

それでは個人としても企業としても、人の才能を発揮しているとは言えないですよね。

そこで、正しい認識はこうだと書いてあります。

  • 人の才能は一人ひとり独自のものであり、永続的なものである。
  • 成長の可能性を最も多く秘めているのは、一人ひとりが一番の強みとして持っている分野である。

こうした認識に基いて動いていれば、企業なら社員一人ひとりが強みを活かして仕事に取り組め、全体としてのパフォーマンスも上がるでしょう。

自分の強みを知るには

なるほど強みを活かせばいいのはわかった。じゃあ強みってどうやったらわかるの?というのが当然の疑問です。この本には「ストレングス・ファインダー」という、強みを知るためのWebテストを受けるためのコードが付いてきます。

ストレングス・ファインダーにアクセスして質問に答えると、34種類あるうち、自分の強みである5つが分かります。実際にやった結果がコチラ。

f:id:yoshikiito_el:20141214163656p:plain

収集心、内省、慎重さ、分析思考、着想。この5つが、私の強みです。並びは強い順になっているそうです。

読書の才能がある

冒頭でお話した、読書の才能について。

強みの中に「読書」というものは出てきませんが、本の中では、それぞれの強み(資質)の活かし方が解説されています。

私の強み「内省」の活かし方の一つがコチラ。

書籍や記事や企画案などに評価を与えなければならないときには、この人に読んでもらい、感想を尋ねる。この人はまずまちがいなく活字の虫である。

読書の才能がある、とは一言も書かれていませんが、書籍を読み評価するのに向いている。そう自身を持つには充分でした。

また、「収集心」の説明においても

もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。

この部分にはすっかり共感してしまいました。そうなんです、読んだ本が増えていくこと、情報として溜まっていくことに喜びを感じるんです。

自分の才能、強みを把握しましょう

占いの類とは異なり、強みの間には優劣はありません。

自分の強みを把握することは、困った時や弱った時に特に効力を発揮します。

行動の指針になったり、精神面での支柱になってくれるでしょう。

私も書評がうまく書けずに悩んだりもしましたが、自分の強みは読書に活かせる、才能があるんだと言い聞かせています。

仕事や生活でなんとなくモヤモヤしたものを抱えている方は特に、ストレングス・ファインダーで「自分の強み」を自覚するところからはじめてみましょう。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (460件) を見る