読書の効果を最大限に引き出す『読書は「アウトプット」が99%』

読んだ本を最大限に活かすために必要はのは「アウトプット」

読書には沢山のメリットがある、と言われています。アタマが良くなるとか、心が豊かになるとか。そこまでいかなくとも、個人レベルでは「リラックスできるから読んでる」「ヒマが潰れる」くらいの感覚を持っている方も多いでしょう。それも良いんですが。読書は読んだ後にアウトプットすることで、その効果が10倍にも20倍にもなるから、読んで終わりじゃなく積極的にアウトプットしていこうぜ!というのがこの本『読書は「アウトプット」が99%』です。

アウトプットの基本3つを抑えよう

アウトプットせよ!と言っても小難しいことはなく、基本は

  • 話す
  • 書く
  • 行動する

の3つです。それぞれ考えてみましょう。

アウトプットの基本:話す

読んだ本について誰かに話してみましょう。 普段の生活を思い返してみてください。「昨日さ、こんな本読んだんだよ」なんてことを最近話しましたか?多分そんな話はしていない人のほうが多いでしょう。 今日あったことを話すように、読んだ本の話をしてみましょう。誰かに話すことで、聞いた相手はその本を読まずして役に立つかもしれない知識を得られますし、話す側も自分の理解を確認できます。 「こんな内容だよ」と話が出来ないということは、いくら難しい本を読んだところでなんの役にも立っていないということ。そうならないためにも、読んだ本について誰かに話すことを心がけましょう。

アウトプットの基本:書く

読書の際には、本に書き込んだり読書メモを取るなどして「書いて」みましょう。読書メモを書いておけば、二度同じ本を読まなくとも大事なポイントをおさらいすることが出来ます。 また、アウトプットの一貫として「書評」を書いてみるのもアリ。今ご覧のこの文章も、読書した後のアウトプットの一つです。 書評なんて恐れ多い・・・という方も、難しく考える必要はありません。たとえばAmazonにレビューを書いたり、TwitterやFacebookに一言二言感想を書くのでもいい。 話すことと合わせて、あなたの学びを誰かに伝えることで、あなた自身も磨かれていきます。

アウトプットの基本:行動する

本で学んだことを実践しましょう!たとえばレシピ本を買った奥さんが旦那さんに「この本の料理は全部美味しそうだったわ!」と言って終わりにしたのでは、何の意味もありません。旦那さんが使うならいいんですが。 ビジネス書もこれと同じで、何かのやり方やテクニック、気持ちの持ち方などが書いてあったら、何か一つでも実践してみる。そうでなければ、本を読んだ意味がありません。 本書では

本に出てきたノウハウの10%でも実行出来たら、上出来 (P92)

とあります。10%くらいなら、やれそうですよね。

まとめ:成長を実感するために、小さくとも頻繁なアウトプットをしよう

本書の著者である藤井孝一さんは経営コンサルタントをされています。そのため、本書も「ビジネスマン」「経営者」としての読書の仕方というスタンスに寄り気味で書かれています。 経営者にとって読書がどんな存在なのか、こんなことが書かれています。

経営者は、世の中の絶え間ない変化に対応しなくてはならないので、常に最新の情報を自分自身にインストールしなければなりません。読書はそのための水先案内人になります。 (P152)

これは経営者に限った話でなく、普通の会社員や、学生など誰にでも当てはまることだと思います。 読書によって常に自分をアップデート(※引用中ではインストールだが、アップデートのほうがより近い表現だと思うので敢えて)していく。もちろんその都度アウトプットもする。半年、1年、もっと経ってから、自分がアウトプットしてきたものを振り返って「なんじゃこりゃ!」と思うところに成長の跡が見えるでしょう。もしアウトプットしてなかったら、自分が成長していてもそれをはかることが出来ません。それでは自身につながりません。 読書を最大限自分の役に立てるために、そして後で振り返ったときの足あとがしっかり見えるように、アウトプットが大事です。