資産と自分を育てる投資『年収200万円からの投資生活宣言』横山光昭

以前書いたNISAの本でも書いてあった「貯金してるだけ、もリスクだからそれも回避しつつ貯金の利子より増やしたいよね」という本。

貯金が出来たひとから投資に手を出してもOK

この本は、前著年収200万円からの貯金生活宣言の続き。じつは貯金のほうは読んだことがなくて、いきなりこの投資のほうから読んだ。

貯金の本のほうをかなり踏襲してるものの、以下の条件を満たしていれば投資本から入ってOKだそう。クリア出来てなければ貯金本からどうぞ。

投資生活をはじめる条件
  • 年収の半分以上の貯金がある
  • 住宅ローン以外の借金をしていない
  • 家や車など大きな目標がない

わたくし見事にクリアしていますので、投資スタート可能でした。よかったよかった。

投資生活の基本的な考え方

上で書いたように、まず貯金。これがないと投資は無理だそう。

この本が目指しているところは、「投資を通して資産と自分を育てる」こと。

私の考える「投資生活」とは、 「お金を育てる」 「自分を育てる」 ことなのです

手堅く長期的な視点で資産を増やす。がっぽりは儲からなくとも、貯金より増やせてかつリスクも回避できる。

加えて「自分を育てる=お金の有意義な使い方を身につけていこう」という発想。ここで表紙を見返してみると、なるほどなんか双子葉類が描いてあるのはそういうことかと納得。

リスクは小さく、コツコツと

たとえば、一口に投資といってもいろいろな種類がある。

初めて投資をする人がどういう商品を買えばいいのか、これがけっこうわかりやすい。

著者が初心者に勧めるのが、積立タイプのインデックスファンド。積立?インデックスファンド?とちんぷんかんぷんになりそうだけど、それぞれメリットとデメリットとともに意味を説明してくれる。加えて「どの証券会社ならその投資ができるのか」も参考として書いてある点がGOOD。例えばバランス型インデックスファンドの商品の例として楽天資産形成ファンドやeMAXISバランスなどがあって、このタイプは楽天証券・マネックス証券・SBI証券などなどで購入可能だそう。これだけ読むと意味不明だけど、本のほうでは大丈夫!

投資は金への投資だけじゃない!

株とかの話で終わると思いきや、「自分にも投資しよう!」という内容が最後に出てくる。どういうことか。

例えば習い事をしたりだとか、お金を使ってお金を増やす以外の、自分を豊かにする投資もしましょうとのこと。

さらに進んで、「お金を使わない自己投資」をしようというお話へ・・・

読み識視点

カネの話を期待して読んだらなぜか自己啓発でフィニッシュ

読みやすいは読みやすいが、ゴールを資産と自分の充実においているからか、お金の話から飛躍して自己啓発とかGTDあたりに話が寄っていった最後。

言っていることはもっともなんだけども、やはり読者の期待としては「お金をコツコツ増やすにはどうするか」というその点だと思う。だから後ろ1割くらいは余計だったかも・・・?

主婦とか女性の感想が気になるところ。

純粋に投資について知りたい人は他の本を、投資を含めた生活とココロの充実が欲しい人は本書を、といったところ。

年収200万円からの投資生活宣言

年収200万円からの投資生活宣言